株式会社サンホーム
株式会社サンホーム
MENU
株式会社サンホーム
取引メーカー
daiwazensho パナソニック京セラTOSHIBASANYOMITSUBISHIHITACHI SANIX三菱重工NORITZ ITOGUMI MTECH長州産業株式会社ジャパンソーラー株式会社 フジプレアム株式会社ADVANTEC CO.LTD株式会社ウエストホールディングス TrinasolarワールドソーラーKANEKA HYBRID PV

株式会社サンホーム取扱いメーカー海外メーカー
SUNTECHS-ENERGYQ.CELLS canadianSolarSUPOSOLARSOLYNDRA Hanwha Solar

太陽光発電(ソーラーパネル)

HOME>太陽光発電>アパート向け太陽光発電

今、お持ちのアパート・マンションの入居率は何%ですか?

例えば、今所有の賃貸住戸の入居率が95%だとします。この入居率だとほぼ満室経営に近い状態ですので素晴らしい経営状況です。ですが、全国の賃貸住宅の平均空室率は18.9%で、5年後、10年後の将来を考えると今の満室経営がいつまで続けられるか不安ではないでしょうか?

家賃を維持するにはやはりお金が掛かります。年々古くなる建物や設備にはいずれ手直しが必要になります。満室経営を抜きにしても必ずお金は関わってくるものですから、今やれる事、これからの事でいい提案がないものかと・・・。そこで、あなたの屋根を活用しませんか?


アパートに太陽光発電を導入すればこんなメリットがあります!

    

    


  設置以降10年間の固定買取制度

  非住宅用 ※1は平成23年度から適用になりました。

10年間の売買契約とは、2009年11月1日よりスタートした太陽光発電の買取制度『余剰電力買取制度』が新たに新設されました。

その内容は、買取価格を10年間固定で電力会社が買い取る制度で、買取価格に関しては設置年度に応じて毎年低減される方向で見直されています。

ですが、※1 パネル出力が10kwシステム以上の住宅用・非住宅用(アパート・マンション・工場・倉庫)への導入については、平成22年度まで買取価格は24円/kwhでした。

ただし、※2 平成23年度に買取価格が見直され40円/kwhに大幅引き上げされたことにより、今大注目の設備投資になりました。



  初年度に100%即時償却が可能!

  普通償却に加え基準取得額の30%相当額を限度として特別償却が可能!

  中小企業様に限り、基準取得額の7%相当額の税額控除(リースも対象可)

現行の制度で、エネルギー需給構造改革投資税制(エネ革税制)では、省エネルギー型設備の導入を促進するために設けられた、

税制上の優遇処置により、個人及び法人のうち青色申告を提出する方を対象に告示で指定された対象設備を取得しその後1年以内に事業の用に供した場合で『減価償却』及び『税額控除』のいずれかを選択することができます。

※『税額控除』は中小企業様のみ適用可



  災害時には非常用電源として活用できます。

  各法人企業様には避難所としても社会貢献が可能です。

太陽光発電システムは、自立運転モードを備えていますので災害時や停電時などでの使用が可能です。

一般のご家庭様のみだけではなく、アパート・マンションオーナー様や各法人企業様向けにもライフラインである電気は非常に重要です。

倉庫や工場、病院や学校であれば小さな発電所としても考えて頂けます。



  高い買取単価だからこそ可能である

  一般のご家庭より広い面積を確保することで設置コストを抑えられる

  10年間の固定買取により継続的に安定した収入を確保

剰電力の仕組みは、太陽光発電した電力を使用した電力から差し引いて、残った電力を売電することになりますので、

発電した電力を全て売ることは出来ず使用した分は約24円/kwhで電力会社から買うことになります。

ですので、なるべく使用せずに42円/kwh(非住宅用は40円/kwh)で売ることができれば理想です。

この事を理解すれば、アパート・マンションオーナー様には昼間はほとんど使用していない共用部の電気メーターで売電契約をおこなえば売ることに集中して頂くことが可能となりますので、収益とした投資としても十分メリットを感じていただけます。



SPサイト